女性が進出している職場

労働環境の変化によって女性の仕事、男性の仕事と言う区別からくる格差は少なくなりつつあります。昔は男の仕事として社会から認識されていた職業へも女性が数多く進出しています。企業の広報、IR室などはかつて男性の社員が多かった職種です。報道機関への記者会見も男性社員が担当する機会が多かったのですが現代は女性の広報、IR室勤務はごく普通の光景として存在しています。
企業の広報、IR室は多種多様の業務を携っています。企業が出すべき情報、表には出さない情報を取捨選択して会社にとって悪いイメージを世間に与えてしまうようなことはなるべく出さないよう戦略を練っておく必要があります。広報、IR室には報道機関や、株主など不特定のところから問い合わせがひっきりなしにあります。相手に不愉快な印象を与えることなく納得させる回答を行なう技術が要求されます。不祥事や事件に対する応対の窓口も広報、IR室です。会社の業績から社員の事件まで扱うことから、社内のあらゆる情報を使う点で組織上社長室の管轄下に位置している会社も多く花形セクションと言えましょう。会社全体を把握すると言う点では総務部門と似ていますが、総務は縁の下の力持ちと言う存在で地味で表舞台に出てくることはありません。これに対して広報、IR室は常に外部との窓口となっている点でが特徴です。買収や売却などに関するニュースは配信に配慮しないといけません。女性の仕事としてこのようなセクションでの感覚が必要とされています。女性が必要とされていることから、女性にとって働きやすい職場になるよう制度などを整えていく企業も増えていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です